1970年代に製造・販売していたアラジンの反射型石油ストーブ「シルバークイーン」は、
置いてあるだけで圧倒的な存在感を放ち、生産終了となった今でも根強い人気があります。
そんなアラジンの隠れた名品、反射型ストーブの女王「シルバークイーン」をもう一度復刻させたい、
これまでよりももっと活躍できるように、石油ではなく、燃料をカセットボンベにしての開発に着手しました。




 
「シルバークイーン」を復刻するにあたり最も大切とされたのが、全面に広がる反射板でした。
高温部が広範囲に広がるように形状の再現はもちろん、素材にもこだわっています。
また、弱燃焼時でも暖房能力が高くなるように燃焼部には2層の赤熱メッシュを採用するなど、
優美なフォルムを残しつつ、心地よい暖かさをお届けするための工夫が施されています。


ページトップへ