ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン
ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン ストーブファン
ストーブファン ストーブファン ストーブファン
拡大画像

ストーブファン

商品コード : BFFAN01ADS
価格 : 9,000円(税込)
2024年秋再販予定
数量
 

SOLD OUT

ストーブファンとは石油ストーブなどの上に置く扇風機型のファンのことです。ファンが回ることでサーキュレーターのように効率よく室内を暖めてくれます。また電源を必要とせず経済的。燃料も節約可能なエコファンです。



 
ペルチェ素子という電子部品が本体(上)と本体(下)の温度差を利用しストーブの熱エネルギーを電気エネルギーに変換しモーターを回して風を起こします。



 
空間の上部と下部で温度差6℃あったものが、温度差1℃と熱の広がりが均一に。目の前にいると約+14℃の温風を感じることができ、体感温度がUPします。
[試験場所]
ロゴス製テント ドゥーブルシリーズ(約 幅3m×奥行3m×高さ2m=18㎥)のテント内
[温度測定位置] 
※1 空間の上部は地面から約120cm、下部は地面から約60cm
※2 ストーブファンから約50cm
ガスストーブにおいてストーブファンがない場合の暖房出力2.0kWに比べて、ストーブファンがあれば暖房出力1.2kWでも同じ体感温度になります。小さい火力で済むので、燃料の節約になります。(自社調べ)
[試験条件] 約幅3m×奥行3m×高さ2m=18㎥の空間内でストーブファンから前方50cmの距離における幅100cm×高さ70cmのエリア内9点の平均温度を測定。




 
ペルチェ素子の表面と裏面の温度差が大きいほどより大きな電気の力が発生します。







+14℃の温風が創風リングなしでは38cm先まで届いているのに対し、創風リングありでは53cm先と15cmさらに遠くへ熱を届けることができます。




ペルチェ素子にはアルミの約10倍熱伝導性のよいグラファイトシートを使用し温度差を大きくしています。



ページトップへ